筋トレでダイエット!

筋肉を増やしてダイエット

 

筋肉を鍛えて増やすと基礎代謝が上がり、太りにくくなります。
でもどうすればいいのか分からない人がいます。
筋肉は運動選手だけに必須なものではなく、大衆にも要ります。
姿勢の保持や、立つ、歩く等の基礎的な普段の動きに足して、心臓や内臓の働きにも関係するとても大切な組織です。筋肉が弱らないように保ち、必要な場合は筋トレするのは、健やかで人間としての日々の営みをする中でとても大事なことです。
人間の体温は36度くらいで保たれています。そうでないと恒温動物の人間は死にいたります。重要な身体の熱を発生させる主なものが筋肉です。
人体には日常的に様々な圧力がかかっています。それから身体を保護しているのが筋肉です。

 

筋トレでダイエット
筋トレは有酸素運動より効果的に痩せることが可能です。短時間でやれて睡眠中もカロリーを消費します。
筋トレは酸素は使わず、糖質をパワーとして使うので無酸素運動と言われます。
筋トレは有酸素運動の三分の一の時間でダイエットに必要なカロリーを消費します。
基礎代謝とは内臓を働かせたり、血液を循環させたり、体温を保持したり等生命を保つために使用されるエネルギーで、動作しなくても消費されます。
基礎代謝の5割以上を消費しているのが全身の筋肉です。筋肉が増加すれば自然に消費されるカロリーが増えるからダイエットに繋がります。基礎代謝を上げたいなら筋肉量を増やすのが効率が良いです。
筋トレを行うと筋肉痛が起こり、それを治す為に、静止している時も睡眠中もカロリー消費が継続してます。
筋トレしている期間は筋肉量に変化がなくても代謝は増えます。米の研究チームの発表では、筋トレしてから48時間代謝が向上してるという報告があります。そのうえ脂肪の使用率も高くなると理解されています。
筋トレでダイエットするには、休息と栄養摂取が欠かせないです。
筋肉が付く、大きく成るには、筋肉が超回復する為です。超回復には3つの事が必須です。
筋肉を疲れさせる筋トレと、筋肉を復調させる休養、筋肉を治す栄養です。
筋トレのみでは筋肉は大きくならず、栄養摂取して休む事が必須条件です。筋肉の超回復に要する時間は個人差があり42から72時間程度です。
超回復を発生させるには、筋トレ後にタンパク質と脂質と炭水化物を摂取する必要があります。例えば大豆食品や鶏のササミや魚などです。摂取しすぎに気をつけます。摂取カロリーは目標体重×30です。

 

筋トレは軽い負荷ではなく、10回×3セットくらいしか出来ないある程度重い負荷のものが効率が良いです。

 

筋トレの仕方
スクワットは、両手にダンベルを持って、両足は肩幅に広げつま先は外側にします。そして椅子に座る感じで、お尻を突き出し、太ももが床とほとんど平行くらいに成るまで落として、ゆっくりと元の姿勢になります。注意点は、背筋は曲げない、膝はつま先より前に出さない、膝とつま先の方向が同じにします。
脚上げ腹筋は寝転べる空間の中で行います。寝転んで漢字の十の姿勢になり、両足をお腹の筋肉を気にしながら90度にゆっくり上げ、元の姿勢になる時もゆっくり下げます。
バイシクルクランチは、仰向けになって、下腹部の腹筋のパワーで脚を持ち上げて膝を直角に曲げます。脹脛と床が平行になったらその状態を保ちます。
両手を軽く当て、腹筋の力で頭と肩を上げます。左膝を胸に寄せながら右脚を真っ直ぐ伸ばします。同時に、お腹をツイストさせ右肘を左膝に付くよう上体を動かします。
頭と肩を上げながら、次は右膝と左肘が付くようにお腹をツイストして、伸ばしだ左脚を下腹部の筋肉を使って浮かしておきます。

関連ページ

私が筋トレで気を付けていること
私が筋トレで気を付けていることをご紹介します!
筋トレで太り難い体造り
筋トレで太り難い体造りをご紹介します。
筋トレ初心者にお勧め、プランクチャレンジ
筋トレ初心者にお勧めのプランクチャレンジについてご紹介します。
効果の上がる筋トレの基本
効果の上がる筋トレの基本についてまとめてみました。
主に鍛えたい筋肉の筋トレ方法
主に鍛えたい筋肉の筋トレ方法についてまとめてみました。
筋トレに効く!良い食事方法とは
筋トレに効く良い食事方法についてまとめてみました。
誰でもできる。痩せる基礎編
誰でもできる。痩せる基礎編についてまとめてみました。
私がどれだけ筋肉を付けようとしても付かなかった理由について。
私がどれだけ筋肉を付けようとしても付かなかった理由をご紹介します。
筋トレで意識していること!
実際に筋トレをしている方が筋トレで意識していることについてご紹介します。