筋トレで太り難い体造り

筋トレで太り難い体造り方法

 

ダイエットの為のトレーニングを言えば、ウォーキングを真っ先に挙げる人が多いのではないでしょうか。手軽で安上がりなウォーキングは素晴らしいトレーニングです。何故ウォーキングがダイエット用トレーニングに向いているかと言うと、優れた有酸素運動だからです。有酸素運動は体内の脂肪分を燃焼して行われるので、体に蓄積された余分な脂肪を減らす効果が有るという事なのです。

 

さて基礎代謝と言う言葉を聞いた事があるでしょうか。基礎代謝とは生命を維持する為に使われる必要最小限のエネルギーの事です。
睡眠中でも私たちの体内では心臓が動き、呼吸の為の筋肉が働き続けています。またどんなに安静にしている時でも一定の体温も維持しなけらばなりませんし、筋肉を初めとする体の組織を保つために休みなくエネルギーが消費されています。このエネルギーの消費を基礎代謝と言います。
私たちが朝起きて一日活動し、夜寝て次の朝起きるまでの24時間に消費する全エネルギーの約60パーセントが、この基礎代謝に充てられるという研究も有ります。基礎代謝で体中の筋肉を維持する為にもエネルギー使うのなら、これら筋肉量を増やしてやれば基礎代謝も増えるという事になります。極論すれば、筋肉を増やせば寝ていてもダイエット出来るという事です。冗談ではありません。体の筋肉量の多い人は基礎代謝量が増えて、結果太り難くなるのは事実なのです。

 

そして筋肉量を増やす為のトレーニングこそが筋肉トレーニング、筋トレなのです。
冒頭お話しした有酸素運動であるウォーキングを始めとして、水泳、ジョギング、自転車など長時間行う運動も勿論筋肉を使うのですが、ここで使われるのは筋肉の中の遅筋と言う部分です。遅筋は持久力はあるが瞬発力は小さい筋肉で、エネルギーとして脂肪を使うのでダイエットに向いているのです。この遅筋は鍛えると脂肪をエネルギーに変える能力は増すのですが太くはならないのです。
筋トレで鍛えられる筋肉は速筋と呼ばれ、遅筋とは対照的に瞬発力が大きい代わりに持久力がありません。短距離走やウェイトリフティングの様なスポーツで使われる筋肉で、この速筋は鍛えれば増えて筋肉が太くなるのです。100m走の選手とマラソンの選手の身体つきを比べてみれば良く分かります。

 

筋トレで速筋を増やしてやれば筋肉太くなり、結果筋肉量が増えます。そうすれば基礎代謝量が増して太り難い体質になり、ウォーキングなどのトレーニングの、ダイエットの為のより大きな効果を得る事が出来るです。

 

メタルマッスルhmbで被害に遭う?

関連ページ

私が筋トレで気を付けていること
私が筋トレで気を付けていることをご紹介します!
筋トレ初心者にお勧め、プランクチャレンジ
筋トレ初心者にお勧めのプランクチャレンジについてご紹介します。
効果の上がる筋トレの基本
効果の上がる筋トレの基本についてまとめてみました。
主に鍛えたい筋肉の筋トレ方法
主に鍛えたい筋肉の筋トレ方法についてまとめてみました。
筋トレに効く!良い食事方法とは
筋トレに効く良い食事方法についてまとめてみました。
誰でもできる。痩せる基礎編
誰でもできる。痩せる基礎編についてまとめてみました。
私がどれだけ筋肉を付けようとしても付かなかった理由について。
私がどれだけ筋肉を付けようとしても付かなかった理由をご紹介します。
筋トレで意識していること!
実際に筋トレをしている方が筋トレで意識していることについてご紹介します。
筋トレでダイエット!
筋肉をつけることでダイエットをしたい方へ!筋トレダイエットについてご紹介します。